企業向け融資残高、8月は増加に反転

最近発表された8月の製造業生産高は前年同月比で12.3%増加したが、変動が激しい薬品生産の増加によるもので、前月比では5.6%減少した。 個人向け融資残高は0.9%増の1211億Sドル(約7兆6980億円)で、住宅ローン、つなぎ融資が増加要因
posted by master at 10:20 | トピックス

返済猶予、国民新党内部で食い違い

返済猶予制度で国民新党は、中小企業の借金や個人の住宅ローンについて、元本や金利の返済を最長3年間猶予する党独自の案をまとめた後、亀井大臣に報告しました
posted by master at 02:20 | トピックス

亀井金融相:全銀協と関係修復?…トップ会談

亀井担当相は、中小企業向け融資や住宅ローンの返済猶予(モラトリアム)の法制化を表明しており、全銀協は反発してきたが、この日は「中小企業金融が大事」(永易会長)との見解で一致したという
posted by master at 00:20 | トピックス

返済猶予制度、元本・金利とも3年猶予 国民新党が原案

資金繰りに困っている中小企業や、住宅ローン返済が難しくなっている個人を対象に、債務の元本や金利の返済を3年間猶予するのが柱。国民新党は政府・与党の作業チームにこの案を示し、実現を図る考えだ
posted by master at 14:20 | トピックス

UPDATE1: 銀行に損失発生しない仕組みが必要、国民新党が返済猶予制度で提案

金利部分の扱いについては「減免というようなことは考えていない」と述べたが、具体的な施策については明言しなかった
posted by master at 12:20 | トピックス

亀井静香郵政改革・金融相

亀井金融相が借入金の返済猶予制度の導入を主張するのは、景気後退のさなか、中小企業は資金繰りに苦しみ、個人はボーナスが出ずにローン返済が滞りかねないという切迫した状況にあるのに、あいかわらず銀行は貸し渋り貸し剥がしを続けている
posted by master at 10:20 | トピックス

「コスト削減時代」に企業が本当にすべきこと (1/4)

サブプライムローン破たんから始まった金融危機によって、多くの経営者が経営に対する自信を失っています。「コスト削減」という名目のもと、支出を抑えることだけに躍起になる企業も見受けられますが、それは本当に正しい経営方針でしょうか
posted by master at 08:20 | トピックス

中小企業の支援とモラトリアム

亀井金融相は、中小企業の借入金や個人の住宅ローンの返済を3年程度猶予する「モラトリアム」を提案、法案化の考えを示している。モラトリアムは、関東大震災(1923年)の直後や昭和の金融恐慌の時などに実施された例があるが、世界的に見ても極めて事例は少ない
posted by master at 04:20 | トピックス

追加:ABS発行予定/条件一覧〔表〕=9月30日現在

Aaa。 自動車クレジット 発行総額:248.5億円。裏付け債権:オートローン債権。 債権信託優先受益権 信託設定日:2009年7月31日。Aaa。 SBIM第5回住宅ローン債権 発行総額約38億円。 保険付住宅ローン債権、現金準備金。 受益権譲渡日:2009年9月11日。Aa2
posted by master at 02:20 | トピックス

世界の金融機関による評価損の見通しを引き下げ=IMF

... 増強し、利益成長力を高めるための強力な行動が必要だとの考えを示した
posted by master at 00:20 | トピックス

みずほ・三井住友・りそな、住宅ローン金利引き上げ

みずほ、三井住友、りそなの3銀行は30日、10年物の固定型住宅ローン金利を0.10%引き上げて4.10%にすると発表した。1日の新規融資分から適用する
posted by master at 18:20 | トピックス

「コード71」削除に大懸念!銀行が消費者金融業界を駄目にした

異例の要望書提出の背景には、今回の改正貸金業法が貸金業者だけに適用される法律となり、銀行の行う無担保ローンには適用されない。それだけに当局に対する反発には根強いものがあるようだ
posted by master at 14:20 | トピックス

三重の木:利用促進宣言書に調印−−県と桑名、紀北信金 /三重

桑名信用金庫(桑名市)と紀北信用金庫(尾鷲市)が、住宅ローン金利を優遇することで県産材の消費拡大に協力することになり、県庁で29日、「三重の木」利用促進宣言書に調印した
posted by master at 12:20 | トピックス

第11回テーマ:「予算圧縮の今、どう動くべきか」

米国のサブプライムローン問題から始まった金融危機で世界経済は大打撃を被った。少しずつ回復の兆しを見せ始めてはいるものの、健全な状態に戻るにはまだ時間がかかりそうだ。こうした中で、企業は軒並み予算圧縮を迫られている
posted by master at 10:20 | トピックス

返済猶予「銀行に義務化せず」 大塚金融副大臣

昨年の法案は、資金繰りに困った中小企業や住宅ローン利用者から返済期限の延長や返済条件の変更の求めがあった場合、金融機関は「できる限り応じるものとする」と定めていた
posted by master at 06:20 | トピックス

返済期限の延長など軸に検討 猶予制度で金融副大臣 (9月29日午後9時03分)

大塚副大臣によると、新制度の対象は、希望する中小企業や住宅ローンを抱える個人に限定、金融機関には自主的な融資を促すための措置を講じる方向で検討する
posted by master at 04:20 | トピックス

返済期限の延長など軸に検討 猶予制度で金融副大臣

大塚副大臣によると、新制度の対象は、希望する中小企業や住宅ローンを抱える個人に限定、金融機関には自主的な融資を促すための措置を講じる方向で検討する
posted by master at 00:20 | トピックス

池田・泉州銀、統合記念で新商品=特別金利の定期や環境関連ローン

池田銀行と泉州銀行は29日、通常の倍となる年0.3%の金利を適用する1年間の定期預金や、環境に配慮したリフォームやエコカー購入向けの低利融資の取り扱いを10月1日から始めると発表した。同日付の経営統合を記念した両行初の共同商品
posted by master at 22:20 | トピックス

迷走する「中小企業返済猶予」法案 鳩山首相「公約」していた!

返済猶予制度の中身ははっきりしていないが、中小企業向け融資や住宅ローンについて、金利分を払えば、元金支払いは3年程度猶予するという内容だとされている。「モラトリアム」「平成の徳政令」と呼ばれ、銀行業界が強く反発している
posted by master at 20:20 | トピックス

「行政の悪弊を絶て」

《心配》産経「亀井静香郵政改革・金融相は、現行の郵政民営化過程を真っ向から否定しただけでなく、中小企業融資や住宅ローンの返済猶予構想を打ち出す発言をした。この一種の徳政令≠ヘ市場経済を根底から揺るがすといえる改革放棄≠煬定的となった
posted by master at 18:20 | トピックス