スウェーデン中銀が政策金利を0.25%に据え置き、来秋まで据え置く方針

中銀はまた、企業や家計に対する融資を拡大するため、銀行に対し、新たに1000億スウェーデンクローナの期間11カ月の固定金利ローンを提供することを決定した。 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します
posted by master at 18:20 | トピックス

【インド株】続落、アジア市場の弱気受け利益確定売り優勢

... 打ち出す可能性があることから、銀行株や、金利に敏感なセクターが大きく下げたと話す。 個別では、銀行最大手のインドステイト銀行が3.24%安の2385.30ルピー、第2位のICICI銀行が1.62%安の928.95ルピー。 住宅ローン最大手HDFCも3.07%安の2692.20ルピーと下げている
posted by master at 12:20 | トピックス

個人の資金需要、最低 10月日銀調査 新規ローン手控えで

雇用不安や所得の減少を背景に、新規の住宅ローンや高額耐久財購入などのためのローンが手控えられたため。住宅ローンの需要判断DIはマイナス十五で、過去最低だった。 企業向けはマイナス十四で、前回から横ばい
posted by master at 08:20 | トピックス

返済猶予制度:経産省、4割保証 対象は数千億円規模

経済産業省は21日、中小企業向け融資や住宅ローンの返済猶予制度について、金融機関が返済猶予に応じた融資に対する政府保証の概要を発表した
posted by master at 06:20 | トピックス

【オランダ】ABNアムロ銀行、DSB銀行オーナーのアート没収

このうちの130点が未払いローンの担保としてABNアムロ銀行に提供されることになった。 DSB銀行の親会社であるDSBマネジメントはアルクマールに1万平米の新しい美術館建設計画で3200万ユーロを借りていた
posted by master at 00:20 | トピックス

個人の資金需要、過去最低を更新 住宅ローンの低迷響く

雇用・所得環境の悪化で、住宅ローンの需要が減少したことが原因。一方、企業の同DIはマイナス14で横ばいだったが、資金繰りの悪化が資金需要につながっている面が強く、設備投資などの前向きな需要は減少している
posted by master at 22:20 | トピックス

住宅ローン、返済に悩んだら…「低利」への借り換え検討

こうしたローンの負担を和らげるために適しているのが、低金利ローンへの借り換えだ
posted by master at 20:20 | トピックス

トマト銀行、中小事業者や住宅ローン利用者へのサポート体制を強化

中小事業者および、住宅ローンをご利用の個人のお客さまのサポート体制の一層の強化に向けて、社内に、経営陣以下、関連部署の社員をメンバーとする「金融円滑化対応委員会」を10月9日に設置いたしました
posted by master at 18:20 | トピックス

香港金融管理局:投資物件向けローン保証の打ち切りも、投機抑制で

ローン保証により、購入者は購入金額の70%を上回る借り入れが可能になる。 同氏は「高騰する住宅市場の投機的な傾向に対処するため」、投資物件を対象とする保証プログラムは打ち切る公算が大きいと説明した
posted by master at 16:20 | トピックス

「1500万円得する!」今こそ住宅購入の好機という「これだけの理由」

住宅ローン金利の低下や住宅ローン減税などによって、住宅を購入しやすい状況になっていることは知っていても、「自分にとってどのくらいお得なのか」はわからないものだ。そこで今回は、さまざまな角度から、「今、住宅を購入した場合のお得感」を検証してみよう
posted by master at 12:20 | トピックス

住宅ローンが不良債権に 不況で返済条件変更が急増

返済期間の延長と組み合わせた場合でも、その分の金利支払いで返済総額が膨らむことになる。 定年退職などで期間延長が難しいケースも考えられ、実効性あるものにするには慎重な制度設計が必要となりそうだ
posted by master at 10:20 | トピックス

返済猶予最終案 時限立法 11年3月末まで 大企業子会社は除外

個人の住宅ローンも対象となる
posted by master at 08:20 | トピックス

中小企業融資に政府保証/返済猶予制度で最終案

金融庁の金融検査マニュアルや監督指針の改定で不良債権の基準を緩和するなどし、申し込みに応じやすい環境を整える。 現在の信用保証制度では実質的に金利を含めた返済猶予が可能。ただ個人の住宅ローンには、信用保証制度は適用しない
posted by master at 02:20 | トピックス

UPDATE2: 中小企業金融の円滑化法案、検査・情報開示で金融機関に「プレッシャー」

金融機関に対しては、中小企業者か住宅ローンの借り手から申し込みがあった場合、できる限り貸付条件の変更などに努めるとし、他の金融機関や政府系金融機関、信用保証協会、企業再生支援機構などと連携することも例示した
posted by master at 00:20 | トピックス

モラトリアム法案最終案 住宅ローンも対象に 銀行丸投げに不安も

申請できるのは、金融機関や大企業の子会社を除く中小零細企業や住宅ローンを抱えた個人。金融機関は銀行や信金・信組など預金取扱金融機関が中心となる。 条件変更は元本・金利とも対象で、融資に政府保証をつける信用保証制度も拡充する方向
posted by master at 22:20 | トピックス

中小企業金融の円滑化法案、金融機関に「プレッシャー」

金融機関に対しては、中小企業者か住宅ローンの借り手から申し込みがあった場合、できる限り貸付条件の変更などに努めるとし、他の金融機関や政府系金融機関、信用保証協会、企業再生支援機構などと連携することも例示した
posted by master at 20:20 | トピックス

中小企業融資の返済期限延長 金融機関に報告義務

住宅ローンを抱えた個人も対象となる。 金融機関は、銀行や信金、信組、農協などに限定。金融庁の金融検査マニュアルや監督指針の改定で不良債権の基準を緩和するなどし、申し込みに応じやすい環境を整える。 金融庁は、信用保証制度を充実するよう経済産業省と調整中だ
posted by master at 18:20 | トピックス

返済猶予「個人も対象」で決着 政府が概要

借り手は中小・零細企業に加え、住宅ローンの返済に困った個人も含めることで決着。ただ一律に債務返済を猶予するのではなく、貸し手の金融機関には借り手の求めに応じて可能な限り対応する「努力義務」を課す
posted by master at 10:20 | トピックス

返済猶予実態、半年に1回公表=期間は盛り込まず−政府最終案が判明

中小企業融資や個人住宅ローンの返済猶予制度を盛り込んだ政府の「貸し渋り・貸しはがし対策法案」(仮称)の最終案が19日、判明した
posted by master at 04:20 | トピックス

2009年10月20日

株式会社ホームアドバイザー(東京都港区・代表取締役 井端純一)は、自社で企画・運営する新築不動産サイト【HomePLAZA(ホームプラザ)】にて、10月度『住宅ローン金利一覧』の掲載を開始しました
posted by master at 02:20 | トピックス