『白紙』『新制度』矢継ぎ早 鳩山政権始動

中小企業や住宅ローン返済に苦しむ個人の救済策として効果を見込む。 一方で金融機関の経営を圧迫し、逆に貸し渋りが進む恐れも指摘されている。金融庁は「強制力のある制度にすれば金融機関の財産権に抵触する可能性もある」とみる
posted by master at 08:20 | トピックス

東北・基準地価 下落拡大、景気悪化拍車も

米国発のサブプライムローンに端を発した世界同時不況の根深さを浮き彫りにした。 東北6県を含む地方圏の地価は、バブル絶頂期に比べ商業地が44%、住宅地が70%の水準まで下がった
posted by master at 06:20 | トピックス

9月17日の欧州マーケットサマリー:ダウ欧州600が3日続伸

同国政府が540億ユーロで不動産ローンを買い取る計画を打ち出したことが買いを誘った。フランスの建材メーカー、サンゴバンは2.9%上げた。エクサネが建設関連銘柄の投資判断を「アウトパフォーム」に上方修正したことが好感された
posted by master at 04:20 | トピックス

09年基準地価、3大都市圏で4年ぶり下落−全都道府県下落 (Update1)

分譲マンション市場については「住宅ローン減税の拡充や価格調整が進んでいることを背景に在庫調整が進展するなど、一部に明るい兆しも見えている」との見方を示した
posted by master at 18:20 | トピックス

返済猶予関連法案、臨時国会に提出

中小零細企業向けの経営資金に加え、個人の住宅ローンも含める方向だ。猶予にあたって一定の条件を付けるか、返済猶予は元本だけか利息を含めるか、などの詳細は今後詰める。 制度が実現すれば、資金繰りに苦しむ中小企業や給料カットなどに悩む個人にとっては朗報だ
posted by master at 16:20 | トピックス

亀井新郵政・金融相発言で不動産株が軟調、仲介大手の下げ目立つ

亀井新郵政・金融相が中小企業への融資や住宅ローンに対する猶予措置に言及したことが敬遠ムードを高めているとの指摘で、とりわけ仲介業の大手・住友不動産販売 <8870>、東急リバブル <8879>は下値模索の度を強める動きとなっている
posted by master at 14:20 | トピックス

鳩山内閣、人選に“波紋” 藤井財務相⇒証券増税 亀井金融相⇒先物廃止論

亀井氏といえば、2001年4月まで「自民党政調会長」として株価対策をまとめた経緯から「証券界に優しい」イメージもあるが、1年足らず前に先物廃止論を掲げた“反市場派”としての顔も意識されている
posted by master at 12:20 | トピックス

“返済猶予法案”を提出したい〜亀井金融相

亀井静香金融・郵政相は17日未明の会見で、「中小企業の借金や住宅ローンの返済を3年間猶予する法案を次の臨時国会に提出したい」と述べた。 亀井金融・郵政相は就任後に行われた記者会見で「金融機関はじゃぶじゃぶ金がある。お金があっても貸さない
posted by master at 10:20 | トピックス

メールまたは1日限定にて無料ITコンサルティングサービス

さらに、サブプライムローン破綻に端を発する金融大不況は日本経済、特に輸出依存度の強い中堅・中小企業を襲い、IT導入はままならなくなり、IT提供企業も大きく売上を減少させておりますます
posted by master at 06:20 | トピックス

借り入れ返済猶予措置、至急やりたい=亀井氏

その1つとして、中小・零細企業あるいはサラリーマンの住宅ローンなどの借り入れの返済を3年程度猶予することもやっていきたい」と語った
posted by master at 20:20 | トピックス

中小零細企業・個人などの借り入れ返済猶予措置、至急やっていきたい=亀井国民新党代表

その1つとして、中小・零細企業あるいはサラリーマンの住宅ローンなどの借り入れの返済を3年程度猶予することもやっていきたい」と語った
posted by master at 16:20 | トピックス

亀井氏提唱の中小向け返済猶予 与謝野氏が疑問符

新制度は資金繰り支援策として中小企業や個人の住宅ローン債務の返済を最大で3年程度猶予するというもの。与謝野財務相は「仮に法律的な問題を解決できても、デフォルト(債務不履行)を起こした場合に誰が責任を取るのか」と指摘
posted by master at 14:20 | トピックス

物件チラシ 隅々まで

また、ローン返済例では、固定金利型に比べて現在、金利の低い変動金利型を使っていることが多いが、将来、金利上昇によって返済額が増える恐れもある。それを避けるには、固定金利型のローンを含めて、様々なケースを試算して検討したい
posted by master at 10:20 | トピックス

日本郵政社長は「身を引く判断を」 郵政・金融担当相に内定の亀井氏

... 与党3党による政策合意で示された「貸し渋り・貸しはがし防止法(仮称)」の策定を表明した。制度の詳細は今後詰めるが、企業向けの融資や個人の住宅ローンについて返済期限の延長や貸し付け条件の変更を可能にすることを想定しており、金融業界の反発も予想される
posted by master at 22:20 | トピックス

金融業は自信回復するのか

今回の金融危機の発端を作ったサブプライム・ローンでさえ、そもそもは信用度が低い人たちでもマイホームを持てるようにするために金融イノベーションが生み出した福音だったはずだ。 世の中でマネーを必要としているところにマネーを還流させる──
posted by master at 18:20 | トピックス

大手不動産株高い、融資など事業環境改善で格上げも−新興系と明暗

不動産ファンド大手のダヴィHDは前週末11日、丸の内のオフィスビルに関するローン期限延長の協議が困難になったと発表、週明け14日の取引ではストップ安比例配分、この日もストップ安水準で売り気配となっている
posted by master at 12:20 | トピックス

個人の純金融資産、株価上昇で1000兆ウォン突破

また、担保付き住宅ローンなどの金融負債は818兆4000億ウォン(約61兆円)で、同じ期間に2.0%増えた。この結果、資産から負債を差し引いた純金融資産は1007兆1000億ウォン(約75兆円)となり、史上初めて1000兆ウォンを超えた
posted by master at 08:20 | トピックス

NY市場 英銀行セクターの信用度引き続き懸念

マクロ経済環境の持続的な弱さが引き続きローン滞納の増加につながり、結果として収益性を圧迫するとみていると説明した
posted by master at 00:20 | トピックス

上方修正不動産株のサプライズは一過性か?=浅妻昭治

低金利の通貨を調達して高金利通貨で運用するこのキャリートレードは、かつての円キャリートレードでお馴染みで、これが米国のサブプライムローン・バブルの遠因になったことも分析されている
posted by master at 22:20 | トピックス

ウォール街、金融恐慌の1年を振り返る

1年前の9月15日、米国第4位の投資銀行「リーマン・ブラザーズ」の破綻に伴い、世界の金融の中心であったウォール街を震源地とした金融恐慌が世界に波及し、第2次世界大戦以後で最悪の経済衰退期を迎えた
posted by master at 20:20 | トピックス