再送:WRAPUP1: 豪中銀、住宅価格バブルの発生を懸念

世界的な金融危機の最中にも豪経済は底堅さを見せ、RBAが過去最低水準にある政策金利を年内にも引き上げ、財政は予定より少なくとも2年前倒しで黒字に回帰するとの見方が広がった
posted by master at 16:20 | トピックス

オーストラリアで住宅バブル発生のリスク=豪中銀当局者

同局長は住宅に関するフォーラムで、住宅ローン金利が現在の低水準にとどまる可能性は低く、いったん上昇を開始すれば、国民の関心は住宅が手に入るかどうかに戻ってくるだろうと発言した
posted by master at 14:20 | トピックス

【風を読む】論説副委員長・渡部裕明 「徳政令」はないだろう

中小企業向け融資や個人向け住宅ローンの返済を3年程度猶予しようというもので、「平成の徳政令」と呼んでいるメディアもある。 正長元年は飢饉(ききん)や流行病が列島を襲い、天皇と将軍の代替わりも行われるなど社会が大混乱に陥っていた
posted by master at 08:20 | トピックス

鳩山政権:予算編成スタート 公約の具体化へ、なるか政治主導

特に問題となっているのが、亀井氏の主張する中小企業向け融資や住宅ローンの返済を猶予するモラトリアム制度導入だ。28日の閣僚委でも亀井氏は「金融庁の分野で具体的な作業に入った」と検討を進める姿勢をにじませた
posted by master at 06:20 | トピックス

フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/河村康彦

そんなこのモデルが、これまでの保守的な高級車の世界に対して一矢を報いる事になるのか、ここは大注目だ。 新車の価格はエリアや時期で違います。 車両本体価格やオプション、キャンペーンやローンの金利などによって総額は変わってきます
posted by master at 04:20 | トピックス

セントラル総合開発:自社販売態勢を採用し、経費削減を図る

一方、価格面では「ローン設定額はできるだけ少なく」といった購入者の意識は依然強く、物件・住戸の選定、予算の設定等において慎重な姿勢が継続している
posted by master at 22:20 | トピックス

JCB、神奈川県歯科医師信用組合と個人向け無担保ローンの保証業務で提携

このたびJCBが保証業務を開始するしかしんの個人向けローン商品「アシスト 200」は、歯科医師を対象とした、資金使途を限定しない大口の当座貸越ローン です
posted by master at 18:20 | トピックス

金融は「見えぬ資産」も評価せよ

加えて、亀井氏の思いとは裏腹に来春、まず上場している金融機関は、固定金利のローン債権の時価評価に着手しなくてはいけない。2015年といわれる国際会計基準への対応準備の一環だ。喫緊にやるべき大仕事が山積している。 こう見てくると、相当な難題だ
posted by master at 10:20 | トピックス

金融株売り継続で弱含み、日経1万円割れなら本格調整=今週の株式市場

T: 株価, ニュース, レポート)の追加大型増資による希薄化懸念や亀井静香郵政・金融担当相による中小・零細企業や個人の住宅ローンなどの返済猶予(モラトリアム)制度の法案化発言などが重しになって、金融株売りが続くと予想される
posted by master at 08:20 | トピックス

亀井金融・郵政担当相:モラトリアム反対なら更迭してみろ! 「亀井節」過熱

亀井静香金融・郵政担当相は27日のテレビ朝日の番組で、中小企業向け融資や住宅ローンの返済を猶予する制度(モラトリアム制度)の導入に連立政権内で慎重論が出ていることについて「(反対なら)鳩山由紀夫首相が私を更迭すればいい。できっこない
posted by master at 06:20 | トピックス

今週の365アンケート 「融資の返済猶予制度は必要ですか?」

亀井担当相は、中小企業の借入金や住宅ローンの返済猶予(3年程度)を主張、法案を来月にも召集される臨時国会に提出することを目指しています
posted by master at 00:20 | トピックス

亀井担当相:返済猶予制度慎重論に「首相は更迭できない」

亀井静香金融・郵政担当相は27日のテレビ朝日の番組で、中小企業向け融資や住宅ローンの返済を猶予する制度(モラトリアム制度)の導入に連立政権内で慎重論が出ていることについて「(反対なら)鳩山由紀夫首相が私を更迭すればいい。できっこない
posted by master at 20:20 | トピックス

支払い猶予法案は「友愛」 「総理は更迭できっこない」 亀井金融相

亀井静香金融担当相は27日、テレビ朝日の番組で、中小企業向け融資や個人向け住宅ローンの返済を3年程度猶予する「モラトリアム法案」をめぐり、政府内でも異論があることについて「(反対なら)鳩山(由紀夫)総理が私を更迭すればいい
posted by master at 16:20 | トピックス

鳩山首相、帰国早々に難題 日航再建や中小企業対策

鳩山由紀夫首相は、外交デビューとなった米国訪問を無難にこなし、順調な滑り出しを果たした
posted by master at 18:20 | トピックス

シリーズ経済危機:ラトヴィア東部を歩く

月収530ラト(約10万円)のお陰で、娘2人の学費を払い、2つのローンを返済できていた。ローンのひとつは小型車の購入のため、もうひとつはフランス旅行のために組んだものだ。しかし、給与が6月に30%、7月から50%以上カットされた
posted by master at 16:20 | トピックス

紀陽銀 狙うは大阪南部 合併3年

府南部の重点攻略に対しては「中小企業融資のマーケットとしては規模が小さく、成長性に限界がある」(関西の地銀首脳)との指摘もある。しかし、米坂専務は「人口でみると大阪府南部は和歌山県内の約2・4倍
posted by master at 08:20 | トピックス

3党連立政権合意書

中小企業金融の円滑化に関しては「中小企業に対する『貸し渋り・貸しはがし防止法(仮称)』を成立させ、貸付債務の返済期限の延長、貸付条件の変更を可能とする。個人の住宅ローンに関しても、返済期限の延長、貸付条件の変更を可能とする」としている
posted by master at 20:20 | トピックス

「住宅購入 いま買ったらどれだけ得する?」

住宅ローン金利の低下や住宅ローン減税などによって、住宅を購入しやすい状況になっていることは知っていても、「自分にとってどのくらいお得なのか」はわからないものだ。そこで今回は、さまざまな角度から、「今、住宅を購入した場合のお得感」を検証してみよう
posted by master at 18:20 | トピックス

“返済猶予”金融相が官房長官に不快感示す

官房長官は各閣僚を兼務しているわけではない」−亀井金融・郵政相は、中小企業向け融資や住宅ローンの返済を一定期間猶予することに関して、自らが担当閣僚として法案をまとめるとの考えを強調し、官房長官が現段階で口を出すべきではないと不快感を示した
posted by master at 16:20 | トピックス

トヨタ自動車が大型株らしからぬ下げ、「返済猶予問題」が響く

先行き金融機関は車のローンに応じることにも慎重になることが予想され、車販売の頭を押さえる」(同)
posted by master at 12:20 | トピックス