「為替が来年の景気にとって最大の変動要因」

外部変動要因としては米国、中国、欧州連合(EU)の景気回復への関心が大きかった。2007年のサブプライムローン問題から始まった米国の不動産問題は今後商業用不動産の不良化につながり変動要因となるとの分析も出た
posted by master at 08:20 | トピックス