大量国債で長期金利が上昇傾向 景気対策裏目に出る恐れも

過去最大の景気対策や税収不足の穴埋めのため、国債が大量に発行されている。市場価格の下落に伴い、国債が示す長期金利(新発10年債利回り)は上昇傾向だ。金利上昇が続けば、企業向け長期融資や住宅ローンの金利も連動して上がりかねない
posted by master at 17:20 | トピックス