2008年08月05日

米上院、住宅対策法案を可決=ファニーメイ対策や住宅所得控除盛り込む
住宅対策法案の目玉は、FHA(連邦住宅管理公団)がフォークロージャーの危機に直面している借り手に対し、住宅ローンの借り換えを促進させフォークロージャーを減らすため、向こう3年間にわたり、最大3000億ドル(約32兆円)の債務保証を行うというもの。


posted by master at 09:12 | トピックス