中小企業へのモラトリアム 関連法案提出へ

平野博文官房長官は7日の記者会見で、中小企業向け融資や個人向け住宅ローンの返済を猶予する「モラトリアム法案」について「中小企業対策を含む経済対策という概念になる
posted by master at 20:20 | トピックス

モラトリアム法案、臨時国会提出へ

平野博文官房長官は7日の記者会見で、亀井静香郵政改革・金融相が中小企業向け融資や個人向け住宅ローンの返済を猶予するために作成中の「モラトリアム法案」について、「中小企業対策を含む経済対策という概念になる
posted by master at 18:20 | トピックス

SBIとガリバー、自動車関連の金融サービスで業務提携

このほかガリバーグループの自動車ローンに関し、SBIグループとの相乗効果について話し合う。またSBI傘下のSBIカードとガリバーグループの提携クレジットカードについて検討する
posted by master at 16:20 | トピックス

東京モーターショー2009 チョット先取り画像ギャラリー 「ダイハツ編」

スピードもパワーも求めず、ゆったりとしたライフスタイルにはピッタリのコンセプトカーだ。 新車の価格はエリアや時期で違います。 車両本体価格やオプション、キャンペーンやローンの金利などによって総額は変わってきます
posted by master at 14:20 | トピックス

加中銀、予想より早く利上げに踏み切る可能性=TDエコノミクス

[トロント 6日 ロイター] カナダ銀行(中央銀行)は、過度に低い住宅ローン金利が不動産価格の力強い上昇をもたらしたことを受け、予想よりも早期に、より大幅な利上げを実施する可能性がある
posted by master at 12:20 | トピックス

社説:返済猶予制度案 慎重な検討が不可欠だ

中小企業の借入金や個人の住宅ローンを対象に、「3年程度の返済を猶予するモラトリアムを実施したい」と導入検討を打ち出したのだ。 異例というか、ややとっぴな施策である
posted by master at 10:20 | トピックス

“景気回復”は強気なウォール街だけ

失業した者、給料が大幅に減った者、家のローンに苦しむ者…。誰もがこの30年間、常に右肩上がりに米国経済は成長すると信じていたのだが、その信念はもろくも崩れ去ってしまった。 米国人は、不動産市場はずっと右肩上がりではないということに、身をもって気づいた
posted by master at 02:20 | トピックス

イオン、3―8月期は146億円の最終赤字、スーパー減益と金融特損で

総合スーパー(GMS)など総合小売事業が大幅な減益だったほか、減損損失やローン事業の利息返還損失引当金などで361億円の特別損失を計上した影響が大きい。 売上高に当たる営業収益は前年同期比3.1%減の2兆5266億8100万円
posted by master at 18:20 | トピックス

焦点:亀井発言、中小金融専門家は一定の理解

また、亀井担当相が言及したように、個人が対象の住宅ローンも返済猶予に含めれば、金融機関の得べかりし利益は膨大な規模に膨らみかねず、金融機関の経営に大きな打撃となるとの懸念も浮上している
posted by master at 16:20 | トピックス

[焦点]亀井発言に中小金融専門家は一定の理解、返済期限来ても対応不能続出の懸念

また、亀井担当相が言及したように、個人が対象の住宅ローンも返済猶予に含めれば、金融機関の得べかりし利益は膨大な規模に膨らみかねず、金融機関の経営に大きな打撃となるとの懸念も浮上している
posted by master at 14:20 | トピックス

日銀などの臨時異例の措置、出口論探る時期ではない=亀井金融担当相

保険会社や住宅ローン専門会社など、預金取扱金融機関以外における住宅ローンの扱いについて所見を問われ「その辺りの境界線の問題を含め、どういう範囲にしていくか副大臣が(検討作業を)やっている最中」と述べた。ただ「消費者ローンまでは考えていない」とも述べた
posted by master at 12:20 | トピックス

亀井金融相:返済猶予先は「不良債権とみなさず」−銀行に配慮(Update1)

個人向けでは「住宅ローンのほか」マイカーローンなど、「どこまで範囲を拡大できるか検討している最中」という
posted by master at 10:20 | トピックス

亀井金融相:返済猶予の対象「不良債権とみなさず」−金融機関に配慮

個人向けでは「住宅ローンのほか」マイカーローンなど、「どこまで範囲を拡大できるか検討している最中」という。 金融庁は大塚耕平金融担当副大臣が中心となり10月9日までに検討内容を取りまとめ、今月にも召集される臨時国会に関連法案を提出する方針だ
posted by master at 00:20 | トピックス

貸し渋り・貸しはがしWTの中間報告は公表せず、誤解や混乱避ける必要=亀井金融相

同WTでは、中小・零細企業の債務や個人の住宅ローンの返済を猶予する制度の法制化に向けた検討を進めている。田村謙治政務官を中心として5日まで1次検討を進めていた
posted by master at 22:20 | トピックス

亀井金融相:返済猶予の対象「不良債権とみなさず」−金融機関に配慮

個人向けでは「住宅ローンのほか」マイカーローンなど、「どこまで範囲を拡大できるか検討している最中」という。 金融庁は大塚耕平金融担当副大臣が中心となり10月9日までに検討内容を取りまとめ、今月にも召集される臨時国会に関連法案を提出する方針だ
posted by master at 20:20 | トピックス

10月のフラット35金利 5ヵ月連続で下降

住宅金融支援機構はこのほど、各金融機関が取り扱う住宅ローン「フラット35」などの10月分の金利水準を発表した。 買い取り型のうち、返済期間が21年以上35年以内の商品の最低金利は2.64%、最高金利は3.59%で、ともに9月に比べ0.05%下降した
posted by master at 18:20 | トピックス

返済猶予/納得できる現実的な制度に

個人の住宅ローンも含め返済猶予が一律に義務化されると受け止めた銀行界からは「一括猶予なんてとんでもない。国家権力が個々の取引に介入するのはいかがなものか」(瀬谷俊雄東邦銀行会長)などの声が相次いだ。 金融機関の融資は基本的に預金が原資だ
posted by master at 06:20 | トピックス

モラトリアム騒動 「政府介入」こぞって批判

中小企業向け融資や個人向け住宅ローンの返済を3年程度猶予する考えを示し、今月中にも法案をまとめ、臨時国会に提出することを明言した。 一律的な返済猶予ならば、モラトリアムということになる
posted by master at 06:20 | トピックス

不況、住宅ローン“直撃” 京滋の金融機関 返済計画見直し増加

京都や滋賀の金融機関で住宅ローンの返済計画見直しへの対応を本格化させている。急激な景気悪化による収入目減りや失業などで、各金融機関に借入期間の延長などの条件変更を求める利用者が増えており、休日窓口の開設や延滞者の訪問相談などに乗り出した
posted by master at 10:20 | トピックス

京葉銀行、エコマイカーローンを国産全新車に対象拡大

京葉銀行は、2009年10月1日から2010年3月31日まで、同行取り扱いの「エコマイカーローン」で「エコ替え応援キャンペーン」を展開する
posted by master at 04:20 | トピックス