視点 モラトリアム騒動 亀井氏の術中にはまった

中小企業向け融資や住宅ローンの返済を3年程度猶予できるようにするという亀井静香金融・郵政担当相の発言をきっかけに、モラトリアムという言葉が駆けめぐるようになった。 近代に入り日本がモラトリアムを実施したのは、関東大震災と昭和金融恐慌の2回のみだ
posted by master at 00:20 | トピックス

インタビュー:貸し渋り対策は「緊急避難」的措置=亀井担当相

政府の検討チームが9日にまとめた同法案の素案の説明では、条件変更の対象となる借り手として「中小企業など」としか示されなかったが、個人の住宅ローンについても「一般銀行の分は入っている」と語り、対象に含まれるとした
posted by master at 18:20 | トピックス

ニュージーランド中銀、危機対策として導入した流動性供給策の一部を終了へ

銀行はこの措置を通して、住宅ローン担保証券(RMBS)やニュージーランド国債などを担保に資金を借り入れることができるようになっている
posted by master at 12:20 | トピックス

金融機関の返済猶予、亀井金融相「強制はしない」

法案では、中小企業や住宅ローン利用者が金融機関に借金返済の猶予を求めた場合、返済猶予といった貸し付け条件の変更を「行うよう努める」と規定する予定。どのくらい猶予したかなどを金融庁に報告させ公表することで、猶予に応じるよう促す
posted by master at 00:20 | トピックス

松江・高校教諭招き進学指導研修会

松江総合ビジネスカレッジの森山修二入試センター長は、書類審査による授業料免除制度や教育ローンの金利負担といったサポート体制を説明した上で「親子で一度、教育資金に関する話を持つ機会を」と要望した
posted by master at 22:20 | トピックス

枝川二郎のマネーの虎 日本は世界の「笑いもの」 銀行に返済猶予無理強いさせるな

「既存のローンの返済猶予」というような稚拙な対症療法では将来の貸し渋りを助長するだけだ。一方で、「貸し渋り解消」の名のもとで返済がおぼつかない企業にまで貸せというのは論外であること言うまでもない。 憲法上の問題もある
posted by master at 12:20 | トピックス

ドイツ銀CEO:金融業界は依然脆弱−企業破たんと失業増の脅威で

また、市場の安定に伴い、レバレッジド・バイアウト(LBO)関連の証券・ローンの評価損は最悪期を過ぎた可能性があるが、ローンのデフォルト(債務不履行)は依然としてリスクだと発言した
posted by master at 10:20 | トピックス

オランダ中銀:DSB銀行を管理下に−資金流出で存続にリスク

DSB銀行の親会社DSBグループはコールセンターやダイレクトメール、インターネットを通じて融資や保険、住宅ローンを販売している
posted by master at 00:20 | トピックス

8月の英住宅ローン承認件数:前年比29%増、安定化の兆し−clm

10月12日(ブルームバーグ):英住宅金融貸付組合(cml)が12日発表した同国の銀行による8月の住宅ローン承認件数は前年同月比で29%増加し、不動産市場が安定しつつある兆候を示した。 cmlが電子メールで発表した資料によれば、8月は5万2700件となった
posted by master at 20:20 | トピックス

豪州の緊急利上げで浮き彫りになった課題

新築物件購入に対して$21000(約180万円)、中古物件購入に対して$14000(約120万円)支給するという大掛かりなもので、利下げにより史上最低水準まで低下した住宅ローン金利と合わせて、住宅市場が一気に加熱しました
posted by master at 12:20 | トピックス

豪州の緊急利上げで浮き彫りになった課題

新築物件購入に対して$21000(約180万円)、中古物件購入に対して$14000(約120万円)支給するという大掛かりなもので、利下げにより史上最低水準まで低下した住宅ローン金利と合わせて、住宅市場が一気に加熱しました
posted by master at 10:20 | トピックス

金高騰、投資マネー流入 ドルの信認動揺との見方も

主要国の低金利政策でだぶついた資金が、金という安定した投資先を選好した
posted by master at 00:20 | トピックス

爆発的なハイブリッド人気と軽自動車への冷遇/松下宏のコラム

新車の価格はエリアや時期で違います。 車両本体価格やオプション、キャンペーンやローンの金利などによって総額は変わってきます。 どれだけ値引きできるか、総額をしるためには、まず見積もりを取って値引き額をチェックしましょう
posted by master at 04:20 | トピックス

視点:貸し渋り対策 国民の負担軽くみるな

超低金利政策も形を変えた借り手への補助金といえる。仮に1991年の金利水準が続いていたら、2005年までの間に国民は330兆円もの追加利子を得ていたはずだという。福井俊彦・前日銀総裁が明らかにしている。09年までならもっと額は大きいはずである
posted by master at 00:20 | トピックス

金価格の上昇続く 投資マネーがドルから逃避

金に関する国際的調査機関であるワールド・ゴールド・カウンシルの豊島逸夫・日韓地域代表は「米国のサブプライムローン(低所得者向け高金利型住宅ローン)問題で、紙に印刷された価値のもろさが認識され、流動性のある実物資産として金が注目されている」と強調する
posted by master at 22:20 | トピックス

亀井・金融相「返済猶予案」に賛否

政府が準備を進める中小企業向けの融資や個人向け住宅ローンの返済を一定期間猶予する制度について、県内でも賛否が渦巻いている。不況で資金繰りに苦しむ中小企業の経営者らからは制度に賛同する声が相次ぐ
posted by master at 12:20 | トピックス

国交省、補正予算39%執行停止 62事業9170億円

個別事業では、全国6区間で計画されていた高速道路の4車線化を全面凍結したほか、住宅ローン「フラット35」の融資率を10割に引き上げることなどを目的とした住宅金融支援機構への出資金などを大幅に削減した
posted by master at 10:20 | トピックス

【新聞に喝!】大阪観光コンベンション協会会長・津田和明

中小企業の借金やサラリーマンの住宅ローンについて、元本や金利の返済を3年間猶予する法案を臨時国会に出すという。(中略)返済猶予の法制化は、私的な契約である金銭貸借の内容に国家権力が踏み込むことであり、本来、市場経済を甚だしくゆがめる手法だ」と断じた
posted by master at 08:20 | トピックス

返済猶予制度:貸し渋り対策法案、猶予実績を点検・公表 政府保証で損失穴埋め

金融庁は9日、中小企業向け融資や住宅ローンの返済を最長3年間猶予する制度などを盛り込んだ「貸し渋り・貸しはがし対策法案(仮称)」の最終案をまとめた。金融機関に返済猶予は義務付けないが、金融庁が検査などを通じて金融機関の猶予の実績を点検・公表する
posted by master at 06:20 | トピックス

【主張】返済猶予原案 市場歪める制度再考求む

政府・与党は中小零細企業や個人の住宅ローンを対象に、債務支払いの最長3年間猶予などを柱とした返済猶予制度の原案をまとめた。 亀井静香郵政改革・金融相の「モラトリアム」発言で懸念された返済猶予の義務付けは見送り、借り手と金融機関の自主的な合意を前提とする
posted by master at 04:20 | トピックス