証券化市場の復活が景気回復に必要、過度な規制は信用圧迫の恐れ=IMF報告

IMFの試算によると、金融危機で崩壊する前は、米国・西欧・日本・オーストラリアで組成された新規住宅ローン向け資金の最大60%を証券化市場が供給していた
posted by master at 06:20 | トピックス

クライスラー、再び値引き競争へ突入…最大50万円引き!!

リースではなく車両を購入する顧客に対しては、2009年モデルの一部車種を対象に、4500ドル(約41万円)の値引き、または金利0%ローン(最大6年間)を実施。2010年モデルの一部車種では、3000ドル(約27万5000円)の値引き、または特別金利を適用する
posted by master at 22:20 | トピックス

「返済猶予」閣内で見解相違、弊害懸念−金融界は反発

返済猶予制度は、民間の金融機関に対し、中小・零細企業の借り入れや個人の住宅ローンの元本返済を3年間猶予するもの。ただ、銀行の融資契約について、国が借り手に有利になるよう条件変更を強いる制度は異例
posted by master at 08:20 | トピックス

亀井氏発言 銀行経営の国家統制か

亀井静香金融・郵政担当相が中小企業向け融資や個人向け住宅ローンの返済を3年程度猶予する構想を打ち出した。亀井氏が自分で貸した金について「返済は楽になってからでいいですよ」というのなら、美談にもなろう。だが民間金融機関に猶予させるという提案のようだ
posted by master at 00:20 | トピックス

返済猶予、首相も了解=亀井静香金融・郵政改革担当相−新閣僚インタビュー

−中小企業融資や住宅ローンの返済を猶予する制度の導入に、藤井裕久財務相が慎重な見方を示した。 財務相は自分の仕事をしていればいい。返済猶予は3党合意だ。鳩山由紀夫首相が「やろうやろう」と言っている。民主党も社民党も国民新党も、そう言っている
posted by master at 06:20 | トピックス

英銀大手の住宅ローン承認件数が8月に増加、今年最高に−英中銀

9月18日(ブルームバーグ):イングランド銀行(英中央銀行)の集計によると、英国の住宅金融市場で約70%のシェアを持つ大手金融機関6社による8月の住宅ローン承認件数は前月から増加し、今年の最高水準となった。7カ月連続の増加
posted by master at 20:20 | トピックス

香港株大引け、3日ぶり反落 上海株の下落受け後場に一段安

香港金融管理局(HKMA)が17日、域内の金利が低水準であることについて懸念を示し、住宅ローン金利の上昇が業績に悪影響を与えるとの警戒感が広がった
posted by master at 18:20 | トピックス

楽天リサーチ、住宅ローンに関するインターネット調査を実施

前回のファイナンシャルプランナーに関する調査では、金融商品や運用といった情報の収集は自力で行う人が多いことが分かったが、「住宅ローン」では一変し、不動産会社や金融機関の担当者の情報を重視する傾向があるようだ
posted by master at 16:20 | トピックス

亀井流劇薬 「中小向け返済猶予」法案、反発よそに成立構え

資金繰りが苦しい中小企業に借入金の返済を3年程度、猶予(モラトリアム)したり、金利などの貸し付け条件を変更できる措置を盛り込むことを想定している。個人に対しても失業や所得の減少で支払いが苦しくなった住宅ローンに同様の救済措置を盛り込む考えだ
posted by master at 14:20 | トピックス

欧州株:3日続伸、景気回復への期待で

アライド・アイリッシュ銀行は28.1%高、アイルランド銀行は17.9%高。 アイルランド政府は16日、国家資産管理機構(NAMA)と呼ばれるバッドバンク(不良資産買い取り銀行)の新設計画の詳細を明らかにした。銀行の抱えるローンをNAMAに移管し、融資を促進する狙い
posted by master at 10:20 | トピックス

『白紙』『新制度』矢継ぎ早 鳩山政権始動

中小企業や住宅ローン返済に苦しむ個人の救済策として効果を見込む。 一方で金融機関の経営を圧迫し、逆に貸し渋りが進む恐れも指摘されている。金融庁は「強制力のある制度にすれば金融機関の財産権に抵触する可能性もある」とみる
posted by master at 08:20 | トピックス

東北・基準地価 下落拡大、景気悪化拍車も

米国発のサブプライムローンに端を発した世界同時不況の根深さを浮き彫りにした。 東北6県を含む地方圏の地価は、バブル絶頂期に比べ商業地が44%、住宅地が70%の水準まで下がった
posted by master at 06:20 | トピックス

9月17日の欧州マーケットサマリー:ダウ欧州600が3日続伸

同国政府が540億ユーロで不動産ローンを買い取る計画を打ち出したことが買いを誘った。フランスの建材メーカー、サンゴバンは2.9%上げた。エクサネが建設関連銘柄の投資判断を「アウトパフォーム」に上方修正したことが好感された
posted by master at 04:20 | トピックス

09年基準地価、3大都市圏で4年ぶり下落−全都道府県下落 (Update1)

分譲マンション市場については「住宅ローン減税の拡充や価格調整が進んでいることを背景に在庫調整が進展するなど、一部に明るい兆しも見えている」との見方を示した
posted by master at 18:20 | トピックス

返済猶予関連法案、臨時国会に提出

中小零細企業向けの経営資金に加え、個人の住宅ローンも含める方向だ。猶予にあたって一定の条件を付けるか、返済猶予は元本だけか利息を含めるか、などの詳細は今後詰める。 制度が実現すれば、資金繰りに苦しむ中小企業や給料カットなどに悩む個人にとっては朗報だ
posted by master at 16:20 | トピックス

亀井新郵政・金融相発言で不動産株が軟調、仲介大手の下げ目立つ

亀井新郵政・金融相が中小企業への融資や住宅ローンに対する猶予措置に言及したことが敬遠ムードを高めているとの指摘で、とりわけ仲介業の大手・住友不動産販売 <8870>、東急リバブル <8879>は下値模索の度を強める動きとなっている
posted by master at 14:20 | トピックス

鳩山内閣、人選に“波紋” 藤井財務相⇒証券増税 亀井金融相⇒先物廃止論

亀井氏といえば、2001年4月まで「自民党政調会長」として株価対策をまとめた経緯から「証券界に優しい」イメージもあるが、1年足らず前に先物廃止論を掲げた“反市場派”としての顔も意識されている
posted by master at 12:20 | トピックス

“返済猶予法案”を提出したい〜亀井金融相

亀井静香金融・郵政相は17日未明の会見で、「中小企業の借金や住宅ローンの返済を3年間猶予する法案を次の臨時国会に提出したい」と述べた。 亀井金融・郵政相は就任後に行われた記者会見で「金融機関はじゃぶじゃぶ金がある。お金があっても貸さない
posted by master at 10:20 | トピックス

メールまたは1日限定にて無料ITコンサルティングサービス

さらに、サブプライムローン破綻に端を発する金融大不況は日本経済、特に輸出依存度の強い中堅・中小企業を襲い、IT導入はままならなくなり、IT提供企業も大きく売上を減少させておりますます
posted by master at 06:20 | トピックス

借り入れ返済猶予措置、至急やりたい=亀井氏

その1つとして、中小・零細企業あるいはサラリーマンの住宅ローンなどの借り入れの返済を3年程度猶予することもやっていきたい」と語った
posted by master at 20:20 | トピックス