みずほ・三井住友・りそな、住宅ローン金利引き上げ

みずほ、三井住友、りそなの3銀行は30日、10年物の固定型住宅ローン金利を0.10%引き上げて4.10%にすると発表した。1日の新規融資分から適用する
posted by master at 18:20 | トピックス

「コード71」削除に大懸念!銀行が消費者金融業界を駄目にした

異例の要望書提出の背景には、今回の改正貸金業法が貸金業者だけに適用される法律となり、銀行の行う無担保ローンには適用されない。それだけに当局に対する反発には根強いものがあるようだ
posted by master at 14:20 | トピックス

三重の木:利用促進宣言書に調印−−県と桑名、紀北信金 /三重

桑名信用金庫(桑名市)と紀北信用金庫(尾鷲市)が、住宅ローン金利を優遇することで県産材の消費拡大に協力することになり、県庁で29日、「三重の木」利用促進宣言書に調印した
posted by master at 12:20 | トピックス

第11回テーマ:「予算圧縮の今、どう動くべきか」

米国のサブプライムローン問題から始まった金融危機で世界経済は大打撃を被った。少しずつ回復の兆しを見せ始めてはいるものの、健全な状態に戻るにはまだ時間がかかりそうだ。こうした中で、企業は軒並み予算圧縮を迫られている
posted by master at 10:20 | トピックス

返済猶予「銀行に義務化せず」 大塚金融副大臣

昨年の法案は、資金繰りに困った中小企業や住宅ローン利用者から返済期限の延長や返済条件の変更の求めがあった場合、金融機関は「できる限り応じるものとする」と定めていた
posted by master at 06:20 | トピックス

返済期限の延長など軸に検討 猶予制度で金融副大臣 (9月29日午後9時03分)

大塚副大臣によると、新制度の対象は、希望する中小企業や住宅ローンを抱える個人に限定、金融機関には自主的な融資を促すための措置を講じる方向で検討する
posted by master at 04:20 | トピックス

返済期限の延長など軸に検討 猶予制度で金融副大臣

大塚副大臣によると、新制度の対象は、希望する中小企業や住宅ローンを抱える個人に限定、金融機関には自主的な融資を促すための措置を講じる方向で検討する
posted by master at 00:20 | トピックス

池田・泉州銀、統合記念で新商品=特別金利の定期や環境関連ローン

池田銀行と泉州銀行は29日、通常の倍となる年0.3%の金利を適用する1年間の定期預金や、環境に配慮したリフォームやエコカー購入向けの低利融資の取り扱いを10月1日から始めると発表した。同日付の経営統合を記念した両行初の共同商品
posted by master at 22:20 | トピックス

迷走する「中小企業返済猶予」法案 鳩山首相「公約」していた!

返済猶予制度の中身ははっきりしていないが、中小企業向け融資や住宅ローンについて、金利分を払えば、元金支払いは3年程度猶予するという内容だとされている。「モラトリアム」「平成の徳政令」と呼ばれ、銀行業界が強く反発している
posted by master at 20:20 | トピックス

「行政の悪弊を絶て」

《心配》産経「亀井静香郵政改革・金融相は、現行の郵政民営化過程を真っ向から否定しただけでなく、中小企業融資や住宅ローンの返済猶予構想を打ち出す発言をした。この一種の徳政令≠ヘ市場経済を根底から揺るがすといえる改革放棄≠煬定的となった
posted by master at 18:20 | トピックス

再送:WRAPUP1: 豪中銀、住宅価格バブルの発生を懸念

世界的な金融危機の最中にも豪経済は底堅さを見せ、RBAが過去最低水準にある政策金利を年内にも引き上げ、財政は予定より少なくとも2年前倒しで黒字に回帰するとの見方が広がった
posted by master at 16:20 | トピックス

オーストラリアで住宅バブル発生のリスク=豪中銀当局者

同局長は住宅に関するフォーラムで、住宅ローン金利が現在の低水準にとどまる可能性は低く、いったん上昇を開始すれば、国民の関心は住宅が手に入るかどうかに戻ってくるだろうと発言した
posted by master at 14:20 | トピックス

【風を読む】論説副委員長・渡部裕明 「徳政令」はないだろう

中小企業向け融資や個人向け住宅ローンの返済を3年程度猶予しようというもので、「平成の徳政令」と呼んでいるメディアもある。 正長元年は飢饉(ききん)や流行病が列島を襲い、天皇と将軍の代替わりも行われるなど社会が大混乱に陥っていた
posted by master at 08:20 | トピックス

鳩山政権:予算編成スタート 公約の具体化へ、なるか政治主導

特に問題となっているのが、亀井氏の主張する中小企業向け融資や住宅ローンの返済を猶予するモラトリアム制度導入だ。28日の閣僚委でも亀井氏は「金融庁の分野で具体的な作業に入った」と検討を進める姿勢をにじませた
posted by master at 06:20 | トピックス

フランクフルトMS 2009“私の注目車種はこれだ!”/河村康彦

そんなこのモデルが、これまでの保守的な高級車の世界に対して一矢を報いる事になるのか、ここは大注目だ。 新車の価格はエリアや時期で違います。 車両本体価格やオプション、キャンペーンやローンの金利などによって総額は変わってきます
posted by master at 04:20 | トピックス

セントラル総合開発:自社販売態勢を採用し、経費削減を図る

一方、価格面では「ローン設定額はできるだけ少なく」といった購入者の意識は依然強く、物件・住戸の選定、予算の設定等において慎重な姿勢が継続している
posted by master at 22:20 | トピックス

JCB、神奈川県歯科医師信用組合と個人向け無担保ローンの保証業務で提携

このたびJCBが保証業務を開始するしかしんの個人向けローン商品「アシスト 200」は、歯科医師を対象とした、資金使途を限定しない大口の当座貸越ローン です
posted by master at 18:20 | トピックス

金融は「見えぬ資産」も評価せよ

加えて、亀井氏の思いとは裏腹に来春、まず上場している金融機関は、固定金利のローン債権の時価評価に着手しなくてはいけない。2015年といわれる国際会計基準への対応準備の一環だ。喫緊にやるべき大仕事が山積している。 こう見てくると、相当な難題だ
posted by master at 10:20 | トピックス

金融株売り継続で弱含み、日経1万円割れなら本格調整=今週の株式市場

T: 株価, ニュース, レポート)の追加大型増資による希薄化懸念や亀井静香郵政・金融担当相による中小・零細企業や個人の住宅ローンなどの返済猶予(モラトリアム)制度の法案化発言などが重しになって、金融株売りが続くと予想される
posted by master at 08:20 | トピックス

亀井金融・郵政担当相:モラトリアム反対なら更迭してみろ! 「亀井節」過熱

亀井静香金融・郵政担当相は27日のテレビ朝日の番組で、中小企業向け融資や住宅ローンの返済を猶予する制度(モラトリアム制度)の導入に連立政権内で慎重論が出ていることについて「(反対なら)鳩山由紀夫首相が私を更迭すればいい。できっこない
posted by master at 06:20 | トピックス