2008年08月18日

英フィナンシャル・タイムズ紙ヘッドライン(18日付)
商品取引のトレーダーを採用したり複雑なトレーディングシステムを購入するところも。商品市場の不安的な動きは今後も続くとの見方が背景。 [ロンドン] ★米国の金融機関、今後数カ月で期限を迎える債務の借り換えコスト増大で利益率が圧迫されるとの見方が広がる。


posted by master at 18:36 | トピックス

2008年08月14日



UPDATE2: アーバンコーポ<8868.T>が再生法を申請、負債総額2558億円で今年最大の倒産
同社によると、米国でのサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題に端を発した世界的な金融市場の混乱と信用収縮により、日本の不動産投資市場が低迷、新規融資や短期借入金の借り換えが困難になるなど資金繰りが急速に悪化した。

浅井秀一のぼちぼちマネー講座@NIKKEI NET 新規取得も借換えも、住宅ローンは「10年固定」を中心に
ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、今年は住宅ローン控除の「ラスト・イヤー」。来年以降取得する人には、長く続いたマイホーム取得時の減税がなくなってしまいます。 正直言うと、買うのは少し待ったほうがいいとは思います。土地の価格は下がるでしょうからね。


posted by master at 14:38 | トピックス

2008年08月12日

[レポート]週刊マーケットレター
借り換え によって、金利が下がったとしても支払が円滑になるとは考え難い。すでに滞納している ような借手は低利でも支払はできないのではないか。したがって、借り換えに応じる人は それほどあらわれず、3000億ドルも画餅に帰するだろう。 額になるのではないか。


posted by master at 09:34 | トピックス

2008年08月09日

金利上昇時代“究極の”住宅ローン借り換えテクニック
そこで金利上昇時代に対応するために、安全で得する住宅ローン借り換え方法を考えてみましょう。 日本ではサブプライムローン問題は起こらない? 米国発のサブプライムローン問題が尾を引き、日本の景気も減速感が強まっているようです。


posted by master at 11:59 | トピックス

2008年08月08日

[不動産関連] アルデプロがストップ安、上場来安値にツラ合せ
同時に今月27日に償還期限が迫っている第1回CBの借り換えを目的に、ゴールドマン・サックス系投資組織を割当先とする100億円の第2回CBの発行を決議した。


posted by master at 20:37 | トピックス

2008年08月06日

ワコビア4−6月期赤字も株価急上昇、強気派の危うい見方で
変動金利住宅ローンは、住宅価格が下落し金融会社がローン利用者の借り換えに消極的な局面では毒性を持っている。変動金利住宅ローン利用者で、金利変動後の高い金利での返済を望む人はいない。こうした人々は、金利が上昇する前に借り換えができると考えていた。


posted by master at 08:42 | トピックス

2008年08月05日

米上院、住宅対策法案を可決=ファニーメイ対策や住宅所得控除盛り込む
住宅対策法案の目玉は、FHA(連邦住宅管理公団)がフォークロージャーの危機に直面している借り手に対し、住宅ローンの借り換えを促進させフォークロージャーを減らすため、向こう3年間にわたり、最大3000億ドル(約32兆円)の債務保証を行うというもの。


posted by master at 09:12 | トピックス

2008年08月04日

[レポート]週刊マーケットレター
借り換え によって、金利が下がったとしても支払が円滑になるとは考え難い。すでに滞納している ような借手は低利でも支払はできないのではないか。したがって、借り換えに応じる人は それほどあらわれず、3000億ドルも画餅に帰するだろう。 額になるのではないか。


posted by master at 09:52 | トピックス

2008年08月02日

[レポート]週刊マーケットレター
借り換え によって、金利が下がったとしても支払が円滑になるとは考え難い。すでに滞納している ような借手は低利でも支払はできないのではないか。したがって、借り換えに応じる人は それほどあらわれず、3000億ドルも画餅に帰するだろう。 額になるのではないか。


posted by master at 16:21 | トピックス

2008年08月01日

浅井秀一のぼちぼちマネー講座@NIKKEI NET 新規取得も借換えも、住宅ローンは「10年固定」を中心に
ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、今年は住宅ローン控除の「ラスト・イヤー」。来年以降取得する人には、長く続いたマイホーム取得時の減税がなくなってしまいます。 正直言うと、買うのは少し待ったほうがいいとは思います。土地の価格は下がるでしょうからね。


posted by master at 11:07 | トピックス